logoS_toumei

抗体医薬開発支援

創薬支援サービスの一環として、ファージディスプレイ法を主とする抗体医薬開発支援を行っています。

抗体医薬シーズ、細胞治療用(CAR-T等)、診断薬の抗体開発をお手伝いします。お気軽にお問合せください。

抗体開発ウェビナー

MBLの抗体開発技術について

日本で最初の抗体メーカーとして設立されたMBLにとって、抗体作製技術は基幹技術であり、価値創造の源泉として以下3つの強みを持っています。

1. 創業以来の豊富な経験とノウハウ


2. 幅広い抗体開発技術と多様なニーズへの対応力


3.  抗体医薬シーズの導出実績


関連サービス

<CDx開発サービス>

MBLでは、抗体開発からコンパニオン診断薬を含めた体外診断用医薬品の開発、PMDA相談、薬事申請、保険適用、製造・販売をワンストップで対応する「CDx開発サービス」もございます。
→詳細はこちら

さらに、JSRライフサイエンスグループでは、新たな治療の開発プロセス全体にわたって、製薬企業、バイオテックに対して、革新的なサービスを提供していきます。

drugdiscovery

お問い合せフォーム

製品に関するご質問、ご意見、資料請求などお気軽にご連絡ください。
お問合せの内容によってはお答えできないこともございますので、予めご了承ください。

logoS

株式会社医学生物学研究所について

1969年に日本で最初の抗体メーカーとして設立され、現在では、免疫学的領域のみならず、遺伝子診断の領域にも事業を拡大して、臨床検査薬及び基礎研究用試薬の研究・開発・製造・販売を行っています。
臨床検査薬事業では、自己免疫疾患、がん、感染症等の検査薬の開発・販売を行っています。自己抗体診断分野では日本国内トップメーカーとして製品ラインナップの充実を図り、難治性疾患の多い当該分野の医療に貢献しています。がん診断分野では医薬品の効果を予測するコンパニオン診断薬を開発し、個別化医療に貢献しています。

→会社情報